Binance(バイナンス)はさすがに動きが早いですね~!

 

TrueUSDが2018/05/18に上場決まっていましたが、システムの関係で

Binanceは取引開始日を2018/05/22 04:00 AM(UTC)に延期しました。

 

それだけドルとの交換に価値とニーズがあるということですね^^

 

 

 

 

 

 

 

-TrueUSD(トゥルーユーエスディ)/TUSD特徴・将来性・買い方について-

 

 

 

 

通貨名:TrueUSD(トゥルーユーエスディー)

通貨略号:TUSD

発行枚数:約1200万枚

運営団体:TrustToken

国内取扱取引所:無し

海外取扱取引所:Bittrex、Upbitほか

公式ホームページ: https://www.trusttoken.com/

 

TrueUSD(トゥルーユーエスディー)は2018年3月に米国の取引所Bittrexに上場した

したトークンです。

 

TrueUSD(トゥルーユーエスディー)は米ドルなどの法定通貨に対し常に一定の価値を

持っている「ステーブルコイン(stablecoin)」と呼ばれています。

 

 

「ステーブルコイン(stablecoin)」についてはこちらをどうぞ

 

 

 

<TrueUSD(トゥルーユーエスディー) の特徴>

 

 

発行元の「TrustToken」はスタンフォード大学出身のエンジニアやビッグデータ

企業である「Palantir」、グーグル出身の元社員らが2017年に設立した企業。

 

 

 

ステーブルコインの一番メジャーなのは、同じく米ドルに対して一定の価値を保つ「Tether(テザー)」

で時価総額で15位前後で取引量は非常に多いのですが、「Tether(テザー)」の親会社である

Bittrexとの関係から不正が行われたとの疑念を持たれており、今後の不安要素があると言われて

いる。

 

 

TrueUSD(トゥルーユーエスディー)が上場した背景にはステーブルコイン自体にはニーズが

非常に高いので一つのコインに依存した状態だとリスクがあるとの思惑もあると考えられます。

 

 

TrueUSD(トゥルーユーエスディー)は、イーサリアムのスマートコントラクトが使われており

トークン保有者の米ドルを安全なアカウントに分別保管している。

 

 

イーサリアムとスマートコントラクトについてはこちらから

 

 

 

ですのでTrueUSD(トゥルーユーエスディー)は、複数の信託銀行のエスクロー口座を

使用してカウンターパーティのリスクを軽減し、

トークンホルダーに不正流用に対する法的な保護を提供しています。

 

 

ちょっと難しい話になりましたので簡単に説明すると・・・

 

 

:基軸通貨である米ドルに裏づけされた安定的なデジタル通貨である。

:法定本人確認であるKYCに登録チェックを受け、合格すると米ドルでTrueUSDト―クン

を使えるようになる。

:TrueUSDトークンは信託銀行で100%保護されている。

 

 

 

 

-TrueUSD(トゥルーユーエスディー)の安全性の担保について-

 

 

発行元の「TrustToken」は信託会社および銀行と提携し、TrueUSDトークンを裏付ける

資金を確実に担保しています。

 

セキュリティを強化するため、信託会社がすべての資金を直接処理し、

 

TrueUSDチームは資金に一切アクセスしません

 

 

事業者が関与しているトークンではありますが、信託会社や銀行しか資金について

関与しないというのは安全性が高いのと安全が保障されるということなので、安心ですね。

 

 

 

 

<TrueUSD(トゥルーユーエスディー)の資金の流れ>

 

 

 

「TrustToken」はすでに数十億ドルを管理している複数の信託会社と協力しています。

ですので本人確認であるKYC / AMLチェックに合格した後、エスクロー契約を締結した

信託会社にUSDを送付します。

 

その資金を確認が終わると、Ethereumアドレスに同等のTrueUSDを発行されます。

 

 

 

TrueUSD(トゥルーユーエスディー)のやり取りは運営元の「TrustToken」になりますが

私たちのお金は信託銀行などとやり取りする流れです。

安全性が高いのがわかりますね。

 

 

 

<TrueUSD(トゥルーユーエスディー)の将来性>

 

 

 

TrueUSD(トゥルーユーエスディー)は今後TrueEuro、TrueYenなどもトークン化することも

プロジェクトとして考えているようです。

 

世界的な法定通貨の中の主要通貨のステーブルコインの開発等を進めていくということで

あれば注目されていくのは間違いないですね。

 

安全性も高いので変動リスクを抑えるときには使えるトークンになりそうです。

 

 

 

 

 

<TrueUSD(トゥルーユーエスディー)の買い方>

 

 

国内の取引所では残念ながら取扱はありません。

 

購入するには国内の取引所でビットコインなどを購入してから、海外の取引所へ

送金する流れになります。

 

 

国内の取引所のアカウントを持っていない方はこちらから作成できますので、

申込オススメします。

 

国内最大手のbitFlyer はこちらから ↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
仮想通貨のブログ登録してますので、この記事が参考になったと

いう方はクリックお願いします。


仮想通貨ランキング