日本の取引所でも買うことができるペペキャッシュ(PEPECASH)について説明して

行こうと思います。

 

 

 

-ペペキャッシュ(PEPECASH)特徴・将来性・買い方について-

 

 

 

 

通貨名:ペペキャッシュ(PEPECASH)

通貨略号:PEPECASH

発行日時:2016年9月

発行枚数:約7億枚

運営団体:Rare pepe foundation

国内取扱取引所:Zaif(ザイフ)

海外取扱取引所:TuxExchange(カナダ)

公式ホームページ:

 

 

PEPECASH(ペペキャッシュ)は海外掲示板4chのカエルのキャラクターをモチーフに

した仮想通貨(トークン)です。

 

 

モナコインは2014年に日本国内で初めて生まれたコインです。

2ch発祥のアスキーアート「モナー」から名付けられたと言われています。

「おまえモナー」

 

モナコインについて知りたい方はこちらからどうぞ!

 

 

 

<ペペキャッシュ(PEPECASH) の特徴>

 

 

 

日本のモナコインが2chの掲示板サイトから出来たように

海外版2chのような掲示板サイト「4chan」から発祥したのがペペキャッシュ(PEPECASH)

です。

 

 

同じような経緯で出来たトークンになるためモナコインとよく比較されています。
「海外版のモナコイン」だと思っていただければと思います。

 

 

ペペキャッシュ(PEPECASH)はレアペペカードと呼ばれるデジタルカードの売買

に使われています。

 

 

自作でカードを作ったり売買したりと海外掲示板4chとレアペペカードのブランド力もある

ことからレアぺぺカードのマニアも一部数いるようで高いカードは数百万するようなものも

あるようです^^;

 

 

モナコイン同様にコミュニティも人気のようで売買をする人達には人気のようです。
http://rarepepedirectory.com/
 

-ペペキャッシュ(PEPECASH)は仮想通貨ではなくトークン??-

 

 

 

ここで仮想通貨とトークンと良く言葉では出てきますが同じようなものだという認識ですよね?

似たようなものではありますが、違いがあるのでお話ししておきます。

 

 

<トークンは仮想通貨の技術を活用したもの>

 

 

それぞれのブロックチェーン技術を使った暗号通貨が仮想通貨(BTCやETHなど)と

呼ばれていますが、その既存の通貨のブロックチェーンを使った暗号通貨が

トークンと呼ばれています。

 

 

 

<ペペキャッシュ(PEPECASH)はカウンターパーティー組成トークン>

 

 

ペペキャッシュ(PEPECASH)はカウンターパーティーというプラットフォーム上で作られます。

カウンターパーティーはビットコインのブロックチェーン上の金融プラットフォームになります

 

 

カウンターパーティーについてはこちらをどうぞ。

 

 

ビットコインのブロックチェーンを使用しているので安定性が高く、安全だと言われます。

XCPを基準にしたトークン他にも沢山あります。

 

 

 

-Proof of Burnのアルゴリズムにより発行枚数が減少する?-

 

 

 

ペペキャッシュ(PEPECASH)は発行枚数は約7億枚です。

 

ペペキャッシュ(PEPECASH)は毎週手数料として収入の半分が焼却(バーン)されていきます。

つまり、使う人が多ければ多いほど減少し始めます。

 

減少すればするほど保有しているトークン価値は高まります。

 

 

<ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性>

 

 

 

 

ペペキャッシュ(PEPECASH)はアメリカの有名掲示板サイトである「4chan」が発祥と言われますが

日本の掲示板サイトを活用して立ち上げられたものです。

 

また、2015年には「2ちゃんねる」の開設者西村ひろゆき氏に買収されました。

 

アメリカを中心にカエルのキャラクター「ペペ」が人気になりました。

 

 

モナコインの価格も数円程度をうろうろしているときに保有していれば、現在は

400円~500円になっていますよね?

 

国内の取引所で取引できるトークンで億り人を狙えるコインかもしれませんね。

まだまだ認知度は低いと思います。

 

 

 

<ペペキャッシュ(PEPECASH)の買い方>

 

 

国内の取引所ではZaif(ザイフ)のみの取扱となっています。

 

金融庁が作成する仮想通貨のホワイトリスト(国内認可のようなもの)にも含まれています。

ですので人気が高まれば他の取引所で取り扱われる可能性も十分あります。

 

もし、他の取引所にも上場すれば認知度も高まり資金が流入します。

 

 

こちらからZaif(ザイフ)の口座開設も可能ですので興味ある方は作ってみては

いかがですか?

 

 

 

仮想通貨のブログ登録してますので、この記事が参考になったと

いう方はクリックお願いします。


仮想通貨ランキング