韓国最大の仮想通貨取引所であるUpbitに韓国地方警察が家宅捜索を

5月11日に受けたことで相場が大きく下落しました。

 

家宅捜索理由は詐欺だそうです><

 

いったいどんなことがあったのかを解説したいと思います!

 

 

-Upbitの家宅捜索報道による相場の重みはいつまで続く?!-

 

 

<Upbitとは???>

 

 

韓国の最大手の仮想通貨取引所Upbitが詐欺の疑いを受けて韓国地方警察の

家宅捜索を受けました。

 

 

Upbitは時価総額でも世界4位の規模を誇っていることから、ネガティブニュースと

いうことになり、相場全体が大きく下落しました。

 

 

どんな内容でこんなことになったのでしょうか?

 

 

 

<騒動の理由>

 

 

 

韓国メディアが報じている内容によると、顧客の仮想通貨ウォレットからUpbit社の役員の

アカウントへ資金が不自然に移動している痕跡があるとして、捜査機関が立入検査に

入ったと報道がありました。

 

 

これは日本でもあったマウントゴックス社の問題と同じですね!

 

マウントゴックス社の問題についてはこちらからどうぞ!

 

 

結果は今後わかるでしょうけど、どこにでも他人のお金や資産を自分のものにしようと

する人間が一部いるということでしょうからこの問題が事実としたら怖いことです。

 

 

それ例外にもUpbitが実際に保有している資産よりも多く仮想通貨を顧客に販売している

疑惑があり、捜査が続いている状態とのこと。

 

 

韓国ではこのような仮想通貨取引所に対して3月から調査を継続的に行っており、

今回の詐欺の疑いが出た理由も調査によって発覚しました。

 

 

Upbitの売買取引や送金サービスについては正常に動いているので問題ないとの

コメントも公式に発表されています。

 

 

 

<今後の不安はある?!>

 

 

 

このUpbitの調査についての報告が近々出てくるでしょうから、その結果がクロであれば

当然役員の入れ替えが行われたりすることになるでしょうし、シロであれば速やかに解決

していくものと思われます。

 

 

世界的な時価総額の大きな取引所のネガティブニュースですので反応が大きいですが、

落ち着きを取り戻せば相場は自然に戻っていくものと思われます。

 

 

 

<まとめ>

 

このようなニュースが流れて思うことは、仮想通貨の仕組みに問題が起こったのではないかと

思う一定数の人がいること。これは正しい判断が出来ているとは思えません。

 

コインチェック社の問題の時もそうでしたが仮想通貨の仕組みやプログラムに欠陥があったので

あれば大いに問題ですので投資方法を変えるとか、一時撤退を考えるなど必要とは当然

思いますが今回も関係者などの問題のように映っていますので、

自分でできるリスク管理をしていくべきなのでしょうね。

 

 

たとえば、TREZORなどのコールドウォレットで保管するというのも一つの方法です。

コストはかかりますが、不安を取り除くためのコストと考えれば安いと思います♪

 

買いたい方は日本の正規代理店からの購入をオススメします。

TREZOR はこちらから 
TREZOR紹介用URL 480×100

 

 

 

 

 

 

仮想通貨のブログ登録してますので、この記事が参考になったと

いう方はクリックお願いします。


仮想通貨ランキング