仮想通貨とは何か?

その仕組みと何種類あるのかなどお答えします。

 

2017年の年末にビットコインが過去最高の227万円を付けたことでニュースでも大きく報道されているビットコインですが、

仮想通貨はビットコインだけではありません。

知っていましたか?

 

 

 

ビットコインは仮想通貨の中でも一番有名なものですが、現在1500種類以上の仮想通貨がある(2018年2月現在)と言われています。

 

1500種類と聞いてどう思いましたか?

 

そんなにあるんですよ、私もほとんどの通貨は知らないです。

 

一部の主要な通貨のことや興味が出てきたり、この通貨が良さそうだと思えば勉強していって少しずつ保有したり投資したりしていったらよいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

―仮想通貨とは何か?―

 

仮想通貨とは私たちが使っているお金とは違い目には見えませんが、インターネット上に存在する通貨のことです。

 

もちろん、通貨ですからお金のように使えます。

一番よく比較されるのが、「ポイントカード」です。

 

 

例えば、楽天で買い物をしました。楽天ポイントが付きますよね?

その楽天ポイントって楽天で次に買い物をするときに使えますよね?

要するに楽天というコミュニティの中で使えるお金と同じ価値がありますよってことです。

 

 

楽天のポイントはアマゾンでは使えないじゃないですか?

アマゾンのポイントも同じような理屈です。それが仮想通貨のコミュニティの中、例えばビットコインであればビットコインを持っている人達の中では

 

 

1ビットコイン=いくらで取引できますよみたいなイメージでとらえていただけたら良いです。

他の通貨では使えませんよみたいな。

 

でも、楽天ポイント⇒ポイント交換サイト⇒アマゾンみたいにポイントを交換していくこともできるわけです。

これが仮想通貨の場合、日本円⇒ビットコイン⇒それ以外のコインみたいなこともできます。

通貨として考えるのであれば主要通貨の米ドルみたいな位置づけがビットコインです。

「仮想通貨を作った人は誰か?」

 

 

今や1500種類以上ある仮想通貨ですが、元々はどの通貨から始まり誰が作ったのでしょうか?

スタートは皆さんご存知の「ビットコイン」です。

 

2008年にサトシナカモトという謎の人物の論文により、世界中のプログラマーが修正を重ねて使えるものにしたと言われています。

 

 

<仕組みはどうなっているの?>

仮想通貨はどのような仕組みになっているでしょうか?

全部の仮想通貨が全く同じシステムを使って種類が一杯あるというわけではなく通貨ごとに異なりますが、基本的な部分は2種類です。

 

 

 

ブロックチェーン

P2P(ピアツーピア)

 

 

ブロックチェーンという技術はこれからの世界を大きく変えていくと言われている技術なんです。

ブロックチェーンとは?!

 

もう一つのP2P(ピアツーピア)とは第三者が管理をしないで、参加している当事者同士で管理しあうシステムです。

ちょっとややこしくなってきましたか?

 

 

日本円で考えてみましょう。日本円は日本の中央銀行である日本銀行が管理していますよね?

これが法定通貨と言われており、日本という国とか政府の信用を価値に発行されているものです。

 

しかし、仮想通貨は管理者がいるわけでなくインターネット上に参加している人たちみんなで管理していきましょうという仕組みなのです。

政府のどこどこにこんな裏金が実はあったとかではなく情報がフルオープンなので国によってはウチの国の通貨は信用できないけど、

みんなで管理していて情報がオープンな方が信用できるよなってこともあるわけです。

 

 

<代表的な通貨は?>

 

 

1500種類以上あるとお話ししたじゃないですか?1500種類の仮想通貨全て売り買い出来て、使えるかというとそうではありません。

ここであげる通貨を基準にまず始めてもらったら良いと思います。

 

ビットコイン

イーサリアム

リップル

 

<どんなことが出来るの?>

 

:お金のように使える

 

円やドルと同じように買い物などの決済時に使うことが出来ます。

すでに楽天・アマゾン・DMMをはじめヨドバシカメラ・ヤマダデンキなどでも使えるようになりました。日本でも使えるお店がどんどん増えています。

とはいっても日本の場合、まだ使えるのがビットコインのみしか使えないのが海外とは違う点かと・・・

 

仮想通貨の取引は取引所と呼ばれるサイトやアプリで行われています。現金と仮想通貨をこの取引所で交換します。

取引所には銀行口座の登録が必須ですから、仮想通貨から現金に交換してもすぐに現金化できます。

そこから当日か翌営業日には自分の銀行に移すことも可能です。

 

:送金手数料が圧倒的に安い

 

海外の人達に圧倒的にメリットが感じられるのがこれではないでしょうか?

たとえばヨーロッパは今はユーロで統一されているのですが、少し前を思い出してください。

陸続きの車で30分も走れば違う国だというのが一杯ありますよね?そんな簡単に移動も出来ちゃうわけです。

 

その近くにいる違う国の友人に10万円分送金します。すると海外送金になるので手数料がバカ高い訳です。

手数料で数千円とか下手をしたら手数料で1万円近くかかります。さらに同じ国でも送金に何日もかかって手数料が高いのなど普通にあります。

それが仮想通貨であれば、10万円送金しても数十円とかの今までではありえない手数料になるのです。

 

 

:投資商品のように投資できる

 

 

株式やFXなどの投資をされている方もいるのではないでしょうか?

仮想通貨も同じように買いから入る、売りから入るなどの売買をして利ざやを稼ぐことが可能です。

<今のお金と仮想通貨の違いは?>

 

 

わかりやすく言うと、円とかドルが東証一部の株式で仮想通貨は東証マザーズみたいなイメージってわかりますか?

要するに値動きが非常に大きい訳です。一日で20%~30%動くこともあります。

われわれが使っているお金との違いはここかもしれないですね。

 

安定性がお金には求められますよね?

いきなり1週間後に1万円で買えてたものが倍の2万円だよって言われたら驚きますもんね?

そこがお金として考えるにはまだ難しい部分かもしれません。

逆にそうした変動的要素(ボラティリティ)が大きいことから投資や投機要素が高いということで日本国内での売買が活発化しているということもあります。

 

 

 

初めの記事から結構な内容になってしまいましたが、いかがでしたか?

少しずつ理解を深めていただいて楽しみながら勉強してお金にも働いてもらえたら良いですね!

 

ありがとうございました^^

 

 

 

仮想通貨のブログ登録してますので、この記事が参考になったと

いう方はクリックお願いします。


仮想通貨ランキング

 

 

 

bitFlyerはこちらから ↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

Zaifはこちらから ↓ ↓ ↓