ブロックチェーンとマイニング?

 

 

 

 

―ブロックチェーンとは?―

 

仮想通貨を試してみようと思ってネットをポチポチ検索。。。

ビットコインがイーサリアムがブロックチェーンの仕組みが・・・と外国語の勉強始めたてのような???

が一杯でてくると思います。

 

 

そこで仮想通貨が世の中に出てきたときにこの仕組みは凄いといわれたブロックチェーンについて説明しますね。

まず、仮想通貨は今後世界のお金の流れを変えるでしょう。

 

 

世の中にインターネットが普及して久しいですが、最初はみんなインターネット?

それはヤマダデンキで買えるんやろ?

みたいな人も結構いましたよね?(笑)

それ俺やん?!って人がいたらごめんなさい><

 

 

インターネットを凌駕すると言われているのがビットコインやブロックチェーンに

代表されるフィンテックということです。

 

フィンテックとはfinancial technologyの略でFinance(金融)とTechnology(技術)を

組み合わせた造語です。

 

 

さて、ブロックチェーンですが仮想通貨の信頼性や安全性を裏づけしている技術になります。

実はビットコインのワードの方が世の中に知れ渡っていますが、ビットコインよりこのブロックチェーン

という技術の方が知っておいた方が良いものです。

 

 

ブロックチェーンというのは「分散型台帳技術」と訳します。固い感じですね(笑)

世界中のインターネットで繋がっている参加者たちの中で記録や情報が共有されます。

そこで記録の違いが出てきたときには、多数決で正しい記録を決定するという仕組みなんです。

 

 

ということは従来のシステムのように一極集中してサーバーによって管理されていれば

サーバーを攻撃されるとサーバーがダウンしてシステム不能になったなんてニュースがありましたよね?

 

それがブロックチェーンの場合中心になるサーバーのようなものが存在しないので、

外部からの攻撃に関してもリスクが分散される。

 

 

仮に攻撃してデータを一部改ざんしたとしても多数決で否決され正しい記録に改ざんされる。

なのでネットワーク全体のデータ改ざんが難しいわけです。

 

取引履歴をまとめたデータを一つの「ブロック」にまとめて、新たなデータを追加するにあたり

チェーンでつないでいくことからブロックチェーンと呼ばれ、世界的に注目されている技術です。

 

 

―ブロックチェーンのまとめ―

 

 

・世界中で監視しており、情報もオープンなので安心と安全の両面がある

・正しい情報の塊であるブロックを鎖状につないでいるもの

 

 

こんな感じでわかりますかね。

 

 

すぐにでも始めたい方はこちらからどうぞ!

ビットフライヤーがオススメですよ、国内最大手です。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

 

―では次にマイニングとは何でしょうか?―

 

 

 

 

マイニングとは略すと「採掘」です。

ビットコインを掘り起こします!!!←冗談です^^;

 

 

簡単にいうとビットコインの取引情報の正確さを出来るだけ早く正解を出せた人には

お礼としてビットコインをあげますよっていうこと!

 

ビットコインは世界中のインターネットがつながった参加者のコミュニティの中で

使われているものですが、10分ごとに取引履歴がどんどん更新されていきます。

 

 

 

その更新された情報が間違いがないということを証明いしていかないと安全性と信頼性は担保されません。

そこでその膨大なデータを大型のパソコンでデータ収集している人や会社が存在します。

 

そのデータ更新の確認作業を行い、正確な情報が出せた人や会社に対してビットコインで謝礼を

支払っているこの一連の流れのことを「マイニング」と呼んでいます。

 

 

少し余談ですが、現在の銀行のシステムとどう違うのかを説明しておきます。

私たちは銀行って安心しきってお金を預けていますよね???

 

本当に大丈夫ですか?

100%信用できますか???

 

 

 

なぜ、こんなことを言うのかと言えば銀行だってお金を預けてしまったらその先で

知らない銀行員が不正に使っていたとかよくわからない取引に利用されていた

なんてニュース見たことありませんか?

 

要するに銀行の中に入った瞬間に私たちのお金をどのように使われているかなんて

全く知るすべはないということです。

 

金融先進国の日本でさえそんな感じですからそうではない国であれば言わずもがなですよね。

 

 

それがこのブロックチェーンの技術の場合、送金した記録や受け取った記録が過去のモノから

現在に至るまでの全て確認することが出来るだけでなく、不正することが極めて困難だということ。

信頼性と安全性を担保するためのサポートをしてくれた人にはビットコインで報酬が支払われる

ということ、それがマイニングです。

 

 

ビットコインは総量が決まっており、2100万ビットコインです。

 

そのうち2017年には1800万超程度(87.5%)が流通しており、

2033年には99%に達して残り108年かけてゆっくりと2100万ビットコインが

2140年に100%世の中に流通すると言われています。

 

 

 

これでお分かりかと思いますが、上限が決まっており既にほとんどの総量が発行されて

いるのでビットコインに価値があると思えば持っておきたいという需要が増えるわけです。

 

 

少し専門的な話にはなりましたが、現行の通貨を扱う銀行との比較も入れてみました。

銀行は生活するうえで必要なので、銀行がアカンと言っている訳ではありませんが、

仮想通貨とは構造上の違いが大きいと理解しておきましょう。

 

 

まずは何でもそうですが、どんなものかやってみるというのも大事なのでこちらから

取引所の口座を開設してみて下さい。

 

100円とか1000円くらいからでもビットコインをはじめとした仮想通貨を持つことが出来ますので^^

 

 

 

 

仮想通貨のブログ登録してますので、この記事が参考になったと

いう方はクリックお願いします。


仮想通貨ランキング

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で