-価格変動の少ない仮想通貨ってあるの??ステーブルコインって何?!-

 

 

 

仮想通貨イコール価格変動が激しくて上がる時はガンガン上がるけど、

その反面下がる時もガッツリ下がるからリスクが高いから怖い!!!

 

という人もいらっしゃいますよね?

 

確かに価格変動の大きいコインも多いのですが、全てではないんです。

今日は価格変動の少ないコインについてお話していきますね。

 

 

 

名付けて「ステーブルコイン」です。

 

 

 

「ステーブルコインとは???」

 

 

ボラティリティ(価格変動)の大きい仮想通貨ですが、変動の少ない仮想通貨が

2018年増えてきました。そうしたコインを「ステーブルコイン」と呼びます。

ステーブルコインの有名なのは米ドルに対して一定の価値を持つTether(テザー)が有名です。

しかし、最近は1種類のステーブルコインに依存すること自体がリスクとなるという考え方が

増えています。

 

 

Tether(テザー)についてはこちら

 

 

 

<ドルや円などの法定通貨に連動するコイン>

 

 

 

ステーブルコインの特徴としてドルや円などの法定通貨の値動きに連動するため

仮想通貨市場の価格変動リスクを受けにくいというのが特徴です。

 

 

ただし、仮想通貨の大きな特徴の一つである中央集権管理者がいないという点が

逆に中央集権管理者が存在するという特徴があります。

 

 

2018年に入り、仮想通貨市場が大きく値下がりしましたよね?

 

 

その時にもこのようなステーブルコインに交換している人はそれほど大きな下落は

受けなかったということになります。

 

 

ただし、気をつけないといけないのは発行元が信用できるということに尽きると

思います。

 

 

 

<Tether(テザー)問題とは?!>

 

 

 

お話ししたように発行元が信用できれば、法定通貨と連動しているしリスクを減らしたいときには

ステーブルコインに一時資金を移すのはありだというのはわかりましたか?

 

 

ステーブルコインの中で一番流通量の多いTether(テザー)に大きな疑惑が向けられました。

 

 

Tether(テザー)社が疑われた2つの疑惑

 

 

  1. Tether(テザー)社が勝手にTether(テザー)発行し、大量にビットコインを買ったのでは?!
  2. Tether(テザー)を大量発行したものの、それ相応のドルを保有してなかったのでは?!

 

 

1・・・2017年11月末から12月にかけてビットコインが200万円を超えて最高値を付けたのを

ニュースなどでご覧になった方もいると思います。

 

その時は大暴騰ともいえる値上がりしましたよね?

 

ビットコインが下落しようとするタイミングでTether(テザー)が大量発行されて買い支えしていたの

ではないか?

 

 

2・・・Tether(テザー)社は自身でTether(テザー)を発行することが出来るわけですから、日本でいう

日本銀行のような立場なワケです。

そして、大量に発行されたTetherからビットコインに変えて買い支えしたのではないか???

 

 

このような疑惑が出てしまったわけです。

 

 

何が疑惑かといえばTether(テザー)を発行するということはイコール米ドルを保有していなければ

発行できないことになっているので、同じ量の米ドルを保有してないのではないかということです。

 

 

これが実に22億ドルです><

 

 

日本円で約2500億円を不正しているのではないかということです。

 

 

これについてははっきりとした証明も結果も出ていませんTT

 

 

こうした問題からTetherだけで保有するリスクも出てきたので、第2第3のステーブルコインが

出てきています。

 

 

 

 

<ステーブルコインの種類>

 

実際にTether(テザー)はいまだに取引量も多いですが、他にもどんな通貨があるのかは

気になりますよね。

 

 

Tether(テザー)/USDT

 

 

何度も出てきました米ドルに対して一定の価値で推移している一番メジャーなコインになります。

 

 

TrueUSD(トゥルーユーエスディ)/TUSD

 

 

2018年3月にBittrexに上場して話題になったコインで、Tether(テザー)同様米ドルに対して

一定の価値で推移するのですが、複数の信託銀行が資産保全するのが特徴です。

運営団体が現金に触れないので、安心できると思います。

 

 

 

MakerDao(メイカーダオ)/MKR

 

 

米ドルと一定の価値で連動しますが、イーサリアムのスマートコントラクトを活用して

価格が安定するような仕組みになっている。

 

 

 

MUFGコイン(エムユーエフジーコイン)

 

 

これはみなさんご存知のメガバンクである三菱UFJフィナンシャルグループが発行予定の

コインで1コイン=1円で安定させる予定で2018年中に発行を予定している。

 

 

 

 

<まとめ>

 

 

ステーブルコインといったコインの種類があるのは知っていましたか?

うまく活用出来れば、増えた資産を減らさないような仕組みとして活用できるものかと

思います。

 

ただし、発行元が安全かどうかについてはしっかり検証が必要だと思いますので、

上手に活用していきましょうね^^

 

 

 

仮想通貨のブログ登録してますので、この記事が参考になったと

いう方はクリックお願いします。


仮想通貨ランキング

 

 

 

 

最大手で安心のbitFlyer はこちらから ↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で